ガスのファンヒーターのメリットとデメリット

冬場の暖房器具のひとつとして、ガスのファンヒーターがあります。ガス器具が使える住宅のみで使用できるので、高層マンションなどでは使用できないケースもあります。けれども一般のマンションや戸建て住宅など、エアコンとは異なる特徴を持つことで好んで使われることも多いものです。この暖房器具にはメリットとデメリットがあるので、これから検討するのであれば知っておくと役に立ちます。さらに使用する上での注意点もあるので、きちんと理解しておくことが大切です。まず注意点として、燃焼装置であることから換気をしっかりと行う必要があります。特に気密性の高い住宅の場合には、十分な換気を行っておかなければ健康に影響を与える場合があります。定期的に窓を開けて、空気を入れ替えることが大事です。

メリットは空気が綺麗であること

燃焼装置であるファンヒーターは、エアコンと異なり室内の空気を綺麗に保てることがメリットです。まず空気が乾燥しないので、喉を痛めたりウィルスが増殖するリスクが軽減します。これは燃焼によって水が発生するのが理由ですが、冬場の乾燥しがちな室内の湿度を十分に保てるようになります。また、スイッチを入れてから部屋が暖まるのが非常に早いのもメリットと言えます。寒さの厳しい地域であっても、すぐに温まることができるので良く利用されています。またエアコンのように室内で暖かさのムラが出ないのも特徴です。全体的に温まるので、活動的になれるというメリットもあります。他にコタツを用意するといったことも必要がないので、経済的になるという点もメリットになると言えるでしょう。

デメリットが料金が高いこと

ガスのファンヒーターのデメリットは、何と言っても料金の高さにあります。エアコンであれば省エネタイプのものがありますし、光熱費をかなり抑えることができます。それに比べると、省エネとすることが難しい構造であることもあり、光熱費はかなり必要となります。これは燃焼器具の課題とも言えるものなので、対策を立てることができません。また燃焼時にはどうしても臭いが出るというデメリットもあります。フィルターをこまめに掃除をしておかなければ、焦げるような臭いも発生するので注意が必要です。また設置する場所も制限されることもデメリットとなります。ホースを使うので、その長さが設置場所の制限となってしまいます。そして何よりもこまめに換気をする必要があるので、面倒であると言えます。