ガスファンヒーターの特徴とメリット

ガスを燃料としたファンヒーターの特徴は電源スイッチを押し点火から部屋が暖まるまでの時間が短いことなどがあります。着火速度が速いことから効果を感じるまでの瞬発力がある暖房器具となっています。また瞬発力だけではなく、広範囲を素早く暖めることにも特化しています。部分的に暖めるよりも、部屋全体を暖かくすることに特化した暖房器具でもあります。
メリットは暖房効果の即効性の他にもいくつかあります。まずガスを燃焼させて暖かい空気を作るため、その際に水蒸気が発生します。冬場は空気が乾燥しやすく湿度も低くなりがちですが、暖房による乾燥を防ぐことができます。他の暖房器具同様定期的な換気は必要になりますが、素早く部屋を暖めるため影響を感じにくいメリットもあります。

設置するには何が必要なのか

ファンヒーターを設置するには、屋内の場合燃料を供給するための工事が必要になります。これはほとんどの暖房器具に必要なものになります。灯油やガスは燃料を供給するための管と排気設備、そして電源の確保が必要になります。エアコンは室外機の設置と電源のみとなっています。
排気に関しては人体に害を与えないために、暖房器具には欠かせないものとなっています。これをつけなければ燃焼器具であれば一酸化炭素中毒などの危険性も強まるため正しい設備工事が重要になります。
また室内にあらかじめ燃料の供給経路が無い場合には、それを確保する配管工事も必要になります。
そのためどのような暖房器具でもある程度の設置工事は必要になってしまいます。工事を必要としないものは暖房効果が小さく、広範囲はカバーできないデメリットがあります。

便利な特徴とその効果とは

電源だけを必要とする暖房器具にはホットカーペットやこたつなどがありますが、これは部分的にしか暖める効果がありません。そのため部屋の中で移動したり、広範囲で数人が活動する場面では使いにくいのです。
ファンヒーターは暖めた空気を出すので、暖房器具から離れていても問題ありません。そのため部屋の中全体を暖め、そこにいる全員が効果を感じることができるのです。また灯油と違って給油の手間も必要ありません。
暖まった空気は部屋の上方に移動するため、部屋の空気を循環させることでより暖房効率が高くなります。燃料の燃焼によって空気が乾燥しないため、長時間の使用でも呼吸器に影響を及ぼす心配もありません。寒冷地でも安心して使える暖房器具となっていますし、素早く部屋を暖めることに優れた効果を発揮してくれます。