ガスファンヒーターの特徴と光熱費

暖かい空気は上へ上へと集まります。結果、天井側の方が暖かく床側は冷たい状態になりやすいです。特にエアコンは天井に近いところに設置しているため部屋が暖まるまでに時間がかかってしまいます。ガスファンヒーターはまずハイパワーなのが特徴ですが、更に足元に設置しているため床の方から空気を暖めて天井に循環させるという自然の流れが出来上がっています。そのため部屋の暖かさを体感できるのが数十秒程度でとても早く部屋を暖めてくれます。この点がエアコンに勝っている最大の特徴です。そして、灯油のように匂いが気になったり、数時間置きに換気の必要もないです。小さな子供がいる家庭だとストーブを使っているとどうしても安全を気にしてしまいますが、その必要性もない為安心して利用ができるのが特徴になります。

光熱費はどの暖房器がお得なのか

暖房器具としてどれが1番お得なのか解説していきます。まず、部屋に合った同程度のパワーを持った暖房器具を利用した時のラーニングコストとして1番優れているのがエアコンになります。特に暖める体積の狭い小さな部屋ではその差は大きくなります。それに、近年電力自由化で電力会社を選べるようになりました。家庭の電力使用に合った電力会社や利用プランを設定しているとラーニングコストの差は更に大きくなります。
そして、ガス料金も自由化された為、家庭に合った会社を選んでいるとラーニングコストは低くなります。しかし、現状では灯油とラーニングコストの大きな差はありません。しかし、灯油は買いに行く手間暇がかかる事や市場の状況によって料金が変動しやすい事も考慮しないといけないポイントになります。

エアコンと併用で上手に利用する

ガスファンヒーターの長所は、とにかく部屋の暖まるスピードが速いことです。そして、可燃中には、水蒸気が発生するので一定の加湿効果がある事です。しかし、デメリットとしてエアコンと比べるとラーニングコストが劣ってしまう事です。
対してエアコンの長所は、部屋の広さに関係なくラーニングコストが1番優れている点になります。そしてデメリットが、空気の流れを考えた時にどうしても足元が暖まりにくかったり暖まるまでに時間がかかる事です。そして、冬は乾燥しやすい季節ですがエアコンの利用により更に部屋の中が乾燥してしまう事が挙げられます。
この二つの組み合わせると上手くそしてお得に利用できます。まず、部屋を暖める時はファンヒーターを利用して早く部屋を暖めて加湿も行い、部屋が暖まると止めてエアコンを利用すると効率良く利用ができます。

京葉ガスショールームの営業はAM10:00からPM18:00まで エネルギーのスペシャリストが安定したガスをお届けします! 我が家に合ったお得な料金メニュー知りたい!そんなお客様に、最適なガス料金メニューで簡単に検索頂けます! 駆けつけるから安心!ガス漏れ、火災だけでなく侵入者や契約者様の異常事態発生にも!京葉ガスのホームセキュリティー! ガスファンヒーターは京葉ガス